最近の野鳥情報

本日わたくし大塚は、アメリカからのバードウォッチングツアーのお客様を
野鳥の森にご案内しました。
昨日成田に着き、今日は軽井沢でヤマドリやアオゲラなどの山の鳥探し、
明日は地獄谷のニホンザルを見に行き、
それから九州と北海道を周りツルやワシなどを見るそうです。

そんなスペシャルなツアーの最初の探鳥をご案内した訳ですが、
野鳥の森を3時間ご案内して、次のような鳥たちに出会えました。

アオゲラ、アカゲラ、ヒヨドリ、カワガラス、ジョウビタキ、ルリビタキ、ツグミ、
コガラ、シジュウカラ、ゴジュウカラ、ホオジロ、カワラヒワ、オオマシコ(♀1)、
ウソ(亜種アカウソ)、カケス、ハシボソガラス

浅間山20100124
ツアー中に撮影した、アカゲラ休憩所前からの浅間山

残念ながら、一番の目標であるヤマドリは、足跡しか見ることができませんでした。
いちおう日本固有種のアオゲラを、♂も♀も見せられたので一安心。
面白かったのは、ハシボソガラスも熱心に見ていたところ。
やっぱりカラスも、国によって違うようです。

私はといえば、野鳥の森では今シーズンはじめて、
オオマシコを見られたのがラッキーでした。
ちなみに場所は、上の写真の場所、アカゲラ休憩所前の伐採地です。


さて、もうひとつ、スペシャルな情報を・・・
昨日は休日だったので、「氷瀑探訪」のコースである千ヶ滝遊歩道で、
ヒレンジャクの写真を撮っていました。
上手い具合に7羽ほどの群れがヤドリギに来て、楽しい時間を過ごしたのですが、
遠くのアカマツから「ペリペリ」と樹皮を剥がす音が・・・

「アカゲラでもいるのかな?」と思って双眼鏡で確認すると、
なんとそれは「イスカ」のペアでした。
イスカはあのくいちがったくちばしで、松ぼっくりから種子を取り出して食べます。
樹皮なんか剥がして、いったい何をしていたのでしょう?

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード