清流に響く美声の主は・・・

最近、ビジターセンターの横を流れる湯川では、
毎朝にぎやかな鳥のさえずりが響いています。

その美声の主のひとりが、このお方。

ミソサザイ
ミソサザイ

スズメよりもふたまわりほど小さい焦げ茶色の地味な鳥。
名前を「ミソサザイ」といいます。
よく「味噌サザエ」と聞き間違えられますが・・・。

全長10.5cmと小さな体ですが、その声量はピカイチです。
渓流の大きな水音に声が掻き消されてしまったら、
いくら呼んでもお嫁さんがきませんからね。

きっと彼らの長い歴史の中で、
川の音に負けずによく響く音質や音量で鳴けるオスが、
子孫を残すことができたのでしょう。

渓流という彼らの生活環境が、あの美声を進化させたのだろうと思います。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード