どんぐりの季節

ニュースを見ていると、今年は地域によって、どんぐりやブナの実りが悪いそうです。
しかし軽井沢野鳥の森では、クリは豊作、どんぐりも結構できているようです。

この数日、私たちが「どんぐりの森」と呼んでいる場所では、
ミズナラのどんぐりがバラバラと音を立てて落ちてきています。
足元をさがすと、すぐに大粒のどんぐりを見つける事ができますよ。

どんぐり落ちる
ミズナラのどんぐり

どんぐり拾う
食べられる訳ではないのですが、何故か拾いたくなります

どんぐり集める
そして集めたくなります(笑)

森の動物たちにとっては、どんぐりは大切な食料です。
ツキノワグマやイノシシは、秋にどんぐりを食べて脂肪を蓄えますし、
リスやネズミ、カケスなどは、どんぐりそのものを蓄え、冬の食料にします。

私たち日本人も、ほんの3000年前くらいまでは、
どんぐりを含めた堅果類を主食にしていました。
縄文時代です。

その後の寒冷化とともに、大陸から農耕が広まってくる訳ですが、
結果として渋~いどんぐりは、食事メニューから外されてしまったようです。

どんぐりを思わず拾い集めたくなるのは、
もしかしたら縄文時代の頃から受け継いでいる、
遺伝的な行動様式だったりして・・・(笑)。

ピッキオ 大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード