おいしいの?!

昨日の午後「野鳥の森ネイチャーウォッチング」中に、大発見!
どんぐり池から階段を上った先の広場についたところ・・・

「うわっ!!なんだこりゃ」

先日ブログにも登場した、虫こぶ付きのヌルデの木が、こんなことに・・・

倒されたヌルデ

近づいてみると、虫こぶが割られて地面に散乱していました。

虫こぶ食痕

犯人は、ツキノワグマ!

なんと、虫こぶ自体は食べずに中のアブラムシや卵をぺろぺろしていった模様。

食痕のアップはこちら
虫こぶ食痕アップ

「おいしいのか?」
「薬効があるのか?」

いろんな憶測が頭の中をめぐります。

こちらのヌルデは、体重をかけてぐぐっと幹を押し倒して虫こぶを食べた様子。

一方、裏のもう少し大きなヌルデの木には、上った爪痕がついていました。
さらに樹上の枝先には、クマ棚も!

ヌルデクマ棚

さらにさらに、真新しい爪痕からは樹液がしたたるほど!!

ヌルデの爪痕

「そこまでしてアブラムシが食べたかったかぁ!」という気持ちと
「この鮮度は、なかなか滅多にお目にかかれるものではない!」という興奮。

お客様をお連れしながら、みんなで興奮しながら爪痕を見たところで、はたと「糞もあるのでは?」と思い当たりました。。。

そう思い足元を見ると、私の左足10cmのところに大きな糞を発見。

クリ糞

「クマのフンがありましたよ。踏まないようにお気をつけて・・・」

・・・「あっ!」

・・・時すでに遅し・・・

クリ糞踏んだ

お連れ様からは「フンだけに、踏んじゃったね(笑)」

こんなやりとりが!
気づくのが遅くてごめんなさい!!

「でもでも、どんぐり100%のフンなんです!!!」
(なぐさめになるかどうか・・・)

というわけで、翌日現場検証に行ったところ、フンは「ヤマグリ100%」だったことが判明。
クリの皮が入っていました。

糞中のクリ皮

今は実りの季節。
今年の野鳥の森では、ヤマグリが大豊作です。
木登りせずに、地面でクリを食べているクマもいたほど。

「たまには、違う味も楽しみたいよね」

そんなことを思ったクマがいたのかもしれません。

夜にあそこで、ゆさゆさと体重をかけてはなんとか幹を押し曲げて、ぱかぱかと虫こぶをわってはアブラムシをぺろぺろしていたクマがいた・・・。

テレビから流れるクマのニュースは「怖い生き物」の印象が強いですが、今回は「森のクマの絵本」をめくった
ような発見に、ほくほくした気持ちで写真をとってきたのでした。

柳原
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード