へんな虫を見つけました

昨日の「親子の昆虫たんけん隊」では、
インターンで勉強に来ている学生の青木さんが、
トンボ池の水中から、へんな虫を捕まえてくれました。

ケシゲンゴロウ幼虫1

体長5mmほどの小さな虫です。
足が6本なので昆虫ですが、長い大アゴをもっています。
ずんぐりむっくりしていますが、特徴としてはゲンゴロウの幼虫に見えます。
しかし、大アゴの上に、鼻のように伸びる突起があります。
こんな幼虫見た事ない・・・。

水から上げても撮ってみました。

ケシゲンゴロウ幼虫2

体表に細かい毛がたくさん生えていますね。
鼻状の突起の下に、上に湾曲した大アゴが伸び、なかなかかっこいいです。

幼虫は一般的な昆虫図鑑に載っていないのでネットで調べると、
「ケシゲンゴロウ」という種類のゲンゴロウの幼虫であることが判りました。

ケシゲンゴロウ幼虫3

しかし問題なのは、ゲンゴロウの大アゴは中空の針になっていて、
獲物の昆虫に突き刺して体液を吸うのです。
こんな突起があったら、食事の邪魔にならないのでしょうか?

世の中には、まだまだ不思議ないきものがいるものです。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード