どんぐり池でも産卵が始まりました

野鳥の森の遊歩道を歩いていくと、
その奥にあるのが「どんぐり池」と呼ばれている小さな池です。

どんぐり池0317
3月17日のどんぐり池

鳥の水浴び場として作られたこの池ですが、
冬の間、水底にはたくさんのヤマアカガエルが冬眠しています。
そして今朝、今年はじめての産卵が確認されました。

どんぐり池卵0317
昨夜から今朝にかけて、20匹弱の♀が産卵したようです。
手前右側の白黒したかたまりは、まだゼラチン質がふやけていない産みたての卵塊です。
水中に産みつけられると、次第にゼラチン質が水を吸い、ふくらみます。
同時に卵の黒い面(動物極)が上を向き、色素が少なく白く見える部分(植物極)は、
下になって見えにくくなります。
黒い色素は、日光によって卵を暖まりやすくし、
発生中にさかんに複製される染色体を、紫外線から守ると考えられています。

しばらく静かに見ていると、隠れていたヤマアカガエルたちが浮かび上がってきました。

ヤマアカ♂
♂たちは、岸辺を向いて♀がやって来るのを待っています。

3月中旬から5月初旬までが、野鳥の森のヤマアカガエルの産卵期です。
卵はやがてオタマジャクシになり、足が生え、手が生えて、カエルへと変態します。
季節とともに移り変わる彼らの成長の様子を、これから皆さんと観察していきたいと思います。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード