羽化したトンボが戻ってきました

最近、トンボ池では、シオカラトンボの姿が多くなってきました。

シオカラトンボ♂1
シオカラトンボ♂

6月10日の記事でシオカラトンボが羽化する様子を紹介しました。
彼らはいったんトンボ池を離れ、草むらなどで虫を捕えて暮らします。
1週間~10日程で麦わら色だった体が変色し、
シオカラトンボらしい青白い色になります。
一人前の大人のオスになった証拠です。
そうすると、トンボ池に戻って来るのです。

シオカラトンボ♂2
シオカラトンボ♂

オスは水面上を飛び回ったり、岸辺にとまったりしながら、
水面を見張っています。
他のオスが近くに来ると、スクランブル発進!
追いかけ回して追い払ってしまいます。
そう、彼らはトンボ池の一角を、それぞれの「なわばり」にしているのです。

そうやって池で長時間過ごしていると、時々メスが産卵に訪れます。
オスはメスの姿を見つけると、猛アタック!

彼らにとってトンボ池は、
育った故郷であり、産卵場所であり、出会いの場所でもあるのです。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード