サルの群に赤ちゃんが・・・

軽井沢町には、K群と呼ばれるニホンザルの群がいます。
旧軽から中軽にかけての広い範囲を周遊しているのですが、
そのほとんどは住宅や別荘地。
畑や庭を荒らしたり、ベランダや車の屋根に糞をしたりと、
いろいろ問題を起こしています。

町では追い払いなどの対策をおこなっていますが、
人の生活圏から完全に追い出すまでには至っていません。
別荘地や住宅地には広葉樹が多く残されている一方で、
その奥に広がる国有林はカラマツの植林地が多い事も、
彼らが生活の場を変えてくれない理由かもしれませんね。

今日、そのK群が、久しぶりに星野エリアにやってきました。
野鳥の森の入口では、くつろぐ親子の姿もありましたよ。

サル親子

メスがオスの毛づくろいをしている間、
この春に生まれたばかりの赤ん坊が、よちよち歩きで遊んでいました。
体の上に登られても、オスは怒るでもなく見つめていました。
父親なのでしょうかね?

サル親子2

赤ん坊はお母さんの背中によじ登ったりと、活発に動き回っていました。
こうやって遊ぶうちに、次第に木登りも上手になるのでしょう。

この子たちが幸せに暮らすためにも、
もうちょっと山奥に移って欲しいんですけどね。

サルとの付き合い方については、軽井沢町のHPをご覧下さい。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード