今年初の巣立ちビナ

今日、ビジターセンターでネイチャーウォッチングの準備をしていると、
すぐ脇を流れている湯川から鳥のヒナの声が聞こえてきました。

テラスから湯川を覗き込むと、石の上にまだら模様の鳥が座っています。

カワガラス巣立雛
しっぽが短くてカワイイ

カワガラスの巣立ちビナです。
どうやら、今日巣立ったばかりのようです。
時々、親が前を通過すると、じっと目で追っています。
エサを与える場面が見たいなぁと思ったのですが、
石の上をピョンピョン飛び跳ねながら見えない位置に動いてしまいました。

カワガラスは、主に川底にいる水生昆虫を食べています。
具体的にはカゲロウやカワゲラ、トビケラなどの幼虫なのですが、
これから暖かくなると、どんどん羽化して水中からいなくなってしまいます。
それで、まだ水の冷たい冬の間から、子育てを始めていたのです。

シジュウカラなどの森の小鳥たちは、これから巣作りです。
彼らは木々が芽吹いてから増える「イモムシ」を、主にヒナに与えるからです。
野鳥が子育てする時期は、彼らがヒナに与えるエサに依存しているのです。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード