野鳥調査情報!4月30日!

「軽井沢野鳥の森」の鳥の調査情報です。
私たちは、毎月2回、森にどんな鳥がいるのかを調査しています。
前回、4月18日の調査から、どんな変化があるでしょうか。

今日、確認した鳥は、
留鳥(年間を通して、同じ場所で生活する鳥)
キジバト、アオゲラ、アカゲラ、コゲラ、キセキレイ、ヒヨドリ、ミソサザイ、エナガ、コガラ、ヒガラ、
ヤマガラ、シジュウカラ、ゴジュウカラ、ホオジロ、カワラヒワ、イカル、カケス、ハシブトガラス

冬鳥(越冬のため北方から渡り、冬が終わると繁殖のため、北方へ戻る鳥)
カシラダカ、アトリ、シメ

漂鳥(夏は標高の高いところ、冬は低いところと、生活する高度を変える鳥)
軽井沢では夏鳥:アカハラ、ウグイス、メジロ、アオジ

夏鳥(繁殖のため南方から渡り、繁殖期を終えると越冬のため南方へ戻る鳥)
サンショウクイ、コルリ、クロツグミ、ヤブサメ、キビタキ、オオルリ
の31種でした。

前回の調査より、たくさんの夏鳥がやってきました。
青色のオオルリ、黄色のキビタキといった、美しい色をした鳥が「さえずり」を始めましたよ。
実は、オスたちは縄張り争いのために「さえずり」をしています。
昨日、ちょうど野鳥の森の入口で、2羽のオオルリが激しく追いかけあいをしていました。
「ここは僕の縄張りだ!」「いやいやオレの縄張りだぜ!」

私たちには「美しい声だなあ~」と感じられても、
鳥たちにとっては、必死な声なんですね。

井上 基
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード