オタマジャクシが産まれました

今日の野鳥の森はポカポカ陽気です。

2、3日前から、
どんぐり池でオタマジャクシが孵りはじめているということなので、
お昼に見に行って来ました。

すると、さらに真新しい卵塊が2つありました。

卵にうつる森
ゼリーに陽が差し込む森の様子が写り込んでいます。

卵をよ~く見ると・・・

8細胞期
8細胞期だ~

まだ3回しか卵割をしていない、本当に新しい卵でした。
きっと、昨夜から今朝にかけて産みつけられたのでしょう。

さてさて、ふ化したオタマジャクシは?

ヤマアカふ化幼生
おぎゃ~

とは鳴きませんが、藻類が生えて緑色になったゼリーの上で、
まだ泳げない状態のまま、たくさん横たわっています。
茶色から緑まで、体色にこれだけバリエーションがあるのですね。

頭の両脇には、房状になったエラが見えます。
このエラは、もう少しオタマジャクシらしい体型になると、
体の中に隠れてしまいます。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード