今日の浅間山(2010年3月30日)

昨日までの軽井沢は、まるで真冬に後戻りしたような天気でした。
今朝はやっと良い天気。
久しぶりに、出勤前に浅間山スポットへ立ち寄りました。

浅間山100330
今日の浅間山(2010年3月30日)

ちょっと雲が・・・
もう少し待てば雲が切れるのですが、それを待っていると遅刻してしまいます(悲)。

しかし、すっかり白くなりましたね。
つい先日までは、まだらまだらしていたのに・・・

でも夕方には、すでに黒い山肌が見え始めていました。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

教えて頂けますか

数年前からの近隣不定期滞在者です。先週末、初めて「野鳥の森」を歩きました。ほぼ全ルート踏破しましたが「ミソサザイの道」が素晴らしかったです。保全作業は果てしがないと思いますが立派なお仕事ですね。
最終地点で「トンボ池」を発見して驚きです。近くを数えきれないくらい通っていましたが気付きませんでした。「トンボ池」は周りに黒いビニールが見受けられますが、人造池なのでしょうか?もし、そうなら目的と歴史を教えて頂けませんか?
私は東邦大の方から入りますが、「野鳥の森」の木々の高さが比較的低いように感じられます。これも何か自然の理由があるのでしょうか?
お時間ある時に、よろしくお願いします。

Re: 教えて頂けますか

森の住人さん ご質問ありがとうございます。

トンボ池は、元々は「星野温泉ホテル」のスケートリンクでした。
10年程前までは、地元のアイスホッケーチームが
練習用コートとして利用していました。

当時のホテルは「星のや軽井沢」に建て変わりましたが、
スケートリンクはそのまま残されています。
現在はスケートリンクとしては利用していませんが、
本ブログの「今日のトンボ池(仮)」カテゴリを見て頂くと判るとおり、
様々ないきものたちの生活の場となっています。

次に「野鳥の森」の木々の高さについてですが、
カラマツは戦後に植林されたものらしいので、樹齢で60年程だと思います。
10~15年程前に、そのカラマツが間伐されています。
その後、明るくなった場所に成長した広葉樹などは、
まだまだ背の低いものが多いです。

また何かありましたら、ご質問下さい。
トンボの湯向かいにあるビジターセンターにも、
是非、足をお運び頂ければと思います。

新たな疑問が...

ムササビ観察でお疲れの後に回答を頂きありがとうございました。
トンボ池の貴重な歴史を知ることができました。スケートリンクということは完全に氷結して気温が今より低かったということでしょうか?
もう一つ、池の水は循環していないのでしょうか?
いずれにしろ、大塚様が撮られたトンボ池の動物たちの画像は食物連鎖が露わで衝撃的です!
木の高さは気のせいでは無かったのですね、納得しました。
次回からはクマ除けの鈴をつけて探索しようと思っています。
家族から「最期はクマに食べられる」と言われておりますので。

Re: 新たな疑問が...

森の住人さん

スケートリンクとして利用するには、
ただ冷え込んで凍るのを待つ訳ではなく、
水を撒いたりして、良い氷を作らなければならないようです。
ただ、詳しいことは、私も知りません。

確かに最近は、真冬に変に暖かな日があったりします。
苦労してスケートリンクに整備しても、
利用できる期間は短くなっているかもしれませんね。

ちなみに池の水は、沢から水を引き込み、
湯川に放流する流れになっています。

あ、そうそう。
クマ除けの鈴は、ぜひ携帯して下さい。

分かってきました。

そうなんですか、疑問がいろいろと解決しました。
有難うございました。
6日は暖かだったのですね。暖かくなると雑草取りの手間が...。
プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード