ムササビのおでかけ

今日の野鳥の森は、夕方から雪が降り始めました。
足元がうっすらと白くなりつつあります。

今日はビジターセンターの巣箱に入っているムササビが、
外に出掛けて行く時間(出巣時間)を調べました。

一人、夕方のビジターセンターで、
片目でモニターをちらちら見ながらパソコンに向かっていたのですが、
まぁ、集中できないこと・・・(笑)。

本日の長野の日没時間は17:44。
普段なら、約30分後の18:15頃に出掛けて行くはずですが、
冬の間はお出かけが遅い事が多いのです。
数日前も、18:30に、まだ寝ていたし・・・。

ムサモニター出巣1
まだ熟睡中(18:05)

出掛けて欲しい時間(笑)になっても、ろくに動きません。
しばらくすると・・・

ムサモニター出巣2
ようやく、毛づくろいを始めました(18:19)

ひたすら「ぺろぺろ」と、体をなめ回します。
写真では、頭が下向きになっていて、しっぽをなめています。

ムサモニター出巣3
巣箱の出入口から顔を出しました(18:27)

出入口は画面の下側です。
画面に背中が映っているのですが、
右側の出っ張りは、飛膜の一部のようです。

ムサモニター出巣4
出入り口によじ登りました(18:28)

モニターに腰としっぽが映っていますが、動いているのでブレてしまいました。

ムサモニター出巣5
おでかけの瞬間(18:28)

最後にしっぽが「スルッ!」と出て行きます。
そう、何だか判りませんが、映っているのはしっぽのアップです。

ムサモニター出巣6
そして巣箱は空になりました。

すぐに外のテラスに出て、ムササビの姿を捜したのですが、
どっちに飛んで行ったかは、確認する事ができませんでした。

予定(?)よりは15分ほど遅いですが、まぁ待っていられる遅さですね。

4月から、またムササビを観察するナイトウォッチングを実施する予定です。
それまでに、今巣箱を利用しているムササビの出巣時間の傾向や、
よく利用する飛翔ルートを解明しなければなりません。

それにもうすぐ出産シーズン。
お母さんムササビは、赤ちゃんが小さいうちは、なかなか外出しません。
どこのムササビがお母さんになるかも、ツアーで出巣を観察するには重要な情報です。

これからもちょくちょく時間を作って、ムササビのおでかけを追いたいと思います。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード