氷漬けの森

軽井沢は3日程、雪の日が続いています。
積雪は現在15センチくらいです。

道路にも雪が残っていますので、車でお出掛けになる方は、
スタッドレスタイヤやチェーンをご用意下さい。

さて、今日は昼から、ナイトウォッチングで星空を観る広場の雪かきに行って来ました。
まだ雪がちらついていたのですが、夕方から晴れてもすぐ開催できるように、
あらかじめかいておく必要があるのです。

とは言ったものの、日中は晴れるという予報に反して、雪が降り続いておりますが・・・

一汗かいて周囲を見渡せば、木々が白くキラキラと輝いています。
どうも雪が積もっているだけではないような・・・

アブラチャンに雨氷
アブラチャンの枝と花芽が、氷で綺麗にコーティング

実は前回の記事に書いたように、軽井沢はいったん10℃以上の暖かさとなりました。
その後天気が崩れると、降り始めの頃は雨だったのです。

ここでめずらしい現象が起きました。
日没とともに、地表近くは氷点下になったのですが、
上空にはまだ暖かい空気が居座っていたようなのです。
降った雨は落下中に冷やされ、
過冷却状態(氷点下なのに凍結していない状態)になりました。
そして地表に降り注いだ瞬間、物にぶつかった衝撃で、
一瞬にして凍り付いたのです。

このような現象を「雨氷(うひょう)」と呼ぶのだそうです。

「うひょ~!!」

・・・・すみません。

雨氷3たれ
何の枝だったかな?

この雨氷によって、森の木々たちは氷に包まれてしまいました。
枝に触ると、氷漬けの枝と枝が触れ合って、澄んだ音が響きます。
ちょっと楽しい・・・

しかしこの美しい雨氷、人間社会には色々と問題を起こしました。
鉄道では架線が凍り付き、電車のパンタグラフとの間で通電できなくなって、
運休が相次ぎました。
車もフロントガラスから何からすべて氷漬けになりましたから、
朝の出勤時から溶かすのに一苦労です。
今回はこの程度でしたが、
過去には外国で大規模な停電や航空機の墜落も起きたそうです。

雨氷恐るべし・・・

ミズキに雨氷
赤いミズキの枝も氷漬け・・・あ、雪の結晶が六花になってる

明日も寒いようなので、まだこの景色を楽しめそうですよ。

野鳥の森を歩くなら → 野鳥の森ネイチャーウォッチング

大塚

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

うひょ~!!

・・・最近おもしろいですよ。

「うひょ~!!」・・鳥やリス、ムサ達も
さぞ冷たい思いをしていたのでしょうね。

Re: うひょ~!!

大阪さん

・・・ありがとうございます。
なお一層、精進いたします(笑)。
プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード