コウモリ巣箱・・・のハズですが

今日の軽井沢は暖かでした。
午後2時頃、ビジターセンターの温度計を見ると、なんと12.5℃!
あと2~3℃高ければ、チョウが飛び始めます!!

せっかく積もった雪が溶ける溶ける(涙)。
森の中の遊歩道はぐっちょんぐっちょんです。
これが冷え込んで凍り付くと、今度はツルツルになります。
森を歩く方は、お足元にご注意下さい。

さて、夏になるとコウモリが乱舞するトンボ池。
その周りには、いくつかの「コウモリ巣箱」を掛けています。

樹洞をねぐらに利用する種類のコウモリが、
日中のねぐらとして使ってくれることを期待した巣箱です。

コウモリ巣箱
こんな巣箱

薄い弁当箱のような形状で、スリット状に底が抜けています。
コウモリはこの隙間から中に入り、壁にしがみついて眠る・・・ハズなのですが・・・

今まで、実際に利用してくれたのを確認したことはありません。

スリットの幅や、内部の広さ(狭さ?)が、気に入らないのでしょうか?
それとも巣箱を掛けた場所が悪いのでしょうか?

ところで、上の写真をよく見ると、
巣箱の下端に、いくつかの白い縦筋が付いています。
実はこれ、鳥の糞。

と、言うことは・・・

夜になって中を覗くと・・・

コウモリ巣箱シジュウカラ
何かいる!!

白いお腹に黒くて太いネクタイ模様・・・
そう、シジュウカラのオスが寝ていました。

底抜けのコウモリ巣箱に鳥が入るとは!!

ちなみに、
どう撮ってもスリットが狭くて写らなかったのですが、
このシジュウカラ、
両足をいっぱいに広げて、
左右の壁に足を掛けて寝ています。

正面から見たら、たぶんこんなかんじ。

寝姿想像図
実際の巣箱はもっと縦に長いです・・・

こんな格好で寝ていたら、股関節が痛くならないのでしょうか?

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード