氷の造形

軽井沢は寒い日が続いています。
気温が0℃になると、暖かく感じるほどです。
それでも、陽当たりの良い場所では、ずいぶん雪が融けてしまいました。

陽当たりの悪い谷底は、まだまだ雪景色です。
そんな遊歩道を歩いて行くと、
どんぐり池から出る小さな流れに、薄く氷が張っていました。

凍った流れ

流れに張る氷は、池の氷と違い、水面よりも少し高い位置に張ります。
丁度、波頭が触れるあたりの高さでしょうか。
そして岸辺や石の周囲から成長して広がるようで、
成長線のような複雑な模様が描かれています。

流れの氷
PCの壁紙に使えそうです。

岸辺の雪にも、雪とは異なった結晶が成長していました。

流れまわりの結晶

雪の結晶はすでに崩れて、ザラメ状になっているのですが、
水面上に張り出した部分だけ、細長い結晶が連なって成長しているようです。
水面から立ちのぼる水蒸気が、このような結晶を成長させるのでしょうか?

冬の静まり返った森を歩いていると、
こんな自然の造形を、目にする事もできるのです。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード