トンボ池に野鳥のエサ台を置いてみました

冬は木々の葉が落ちて、森の中の見通しが良くなります。
それで野鳥の姿が見つけやすい季節なのですが、
いかんせん、距離が遠い事が多く、馴れないとなかなか姿を捉えることができません。

そこで野鳥の森ネイチャーウォッチングではじめて野鳥を見る方でも、
間近な距離で野鳥の姿を見てもらおうと、トンボ池の岸辺にエサ台を設置してみました。

シジュウカラ・トンボ池
エサ台に来たシジュウカラと、順番待ちをするシジュウカラ(背後)

今日は朝のうち雲が広がっていて、寒かったからでしょうか?
エサ台はけっこう賑わっていました。

コガラ・トンボ池
小柄なので、エサ台ではシジュウカラより立場が弱いコガラ

写真のシジュウカラとコガラ以外にも、
ヤマガラやゴジュウカラがヒマワリの種子を取りにやって来ていました。

そぉっと見ていれば、10m以内の距離でも観察できますよ。
双眼鏡を使えば、かなりのアップで見られます。

そして先日は、エサ台の下にリスの足跡が!
野鳥の森ネイチャーウォッチングの時間帯に、
通ってくれるようになると嬉しいのですが・・・。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

エサはひまわり?

なるほど、エサはヒマワリなんですね。
ところで、ツアーでお借りした双眼鏡、倍率は何倍くらいなのでしょうか?マイ双眼鏡を購入しようと思っているのです。なにかアドバイスが有りましたら、ご教授いただけると助かります。
ちなみに、海でも使うので防滴にしようと思っています。

Re: エサはひまわり?

leo3さん

ピッキオでレンタルしているのは8倍です。
Kowa製のBD25-8ですが、現在はデザイン等が変更になっています。
サイトはこちら→http://www.kowa-prominar.ne.jp/pro/bino/bd25/top.htm
もちろん防滴で、けっこう頑丈。
私的にはオススメです。

バードウォッチングなら8~10倍が一般的です。
あまり倍率が高いと、鳥がなかなか視野にはいらず、ブレて見にくいです。

また双眼鏡は、同じ倍率でもレンズ口径によって、大きさや重さが変わります。
一般的に、口径が大きい程明るく見え、そして大きく重く、高くなります。
明るさと大きさはトレードオフですので、使用スタイルで判断します。
いつも持ち歩きたいならば30mm未満の小口径タイプ。
重さを気にしないなら、初めは30~36mmの中口径タイプが良いと思います。

価格.comで双眼鏡を見ると、500円台のオペラグラスから20万円超のものまで出てきます。
高価なものは、さすがに怖い程よく見えます。
一方、あまりに低価格なものやズーム双眼鏡は、
視野が狭かったり暗いものが多いので、オススメしません。
最低でも7~8千円以上の商品が無難でしょう。

購入の際には、お店で実際にのぞいてみる事をオススメします。

双眼鏡

明けましておめでとうございます。
早速のレス、ありがとうございます。さすが、詳しいですね!ピッキオのみなさんは、本当にみなさん、いろんなことをよくご存知で、嬉しいです!
で、双眼鏡ですが、やはりレンタルしていただいたものと同じものにしようと思っています。ビックカメラかな、やっぱり。

Re: 双眼鏡

leo3さん
明けましておめでとうございます。
BD25はいいですよ~
軽量タイプの双眼鏡ではイチオシです。
新年は是非、マイ双眼鏡で素敵な自然との出会いを楽しんで下さい。
プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード