紅葉もそろそろ終わりです

野鳥の森の木々達も、おおかた葉を落としました。
森に冬枯れの季節がやってきました。

見通しが良くなった野鳥の森では、
遠くシベリアから渡って来たツグミやアトリ、カシラダカの群が賑やかです。
彼らの多くは、さらに南へ、平地へと渡ってしまいますが、
このまま野鳥の森に居残って、冬を越すものもいます。

たくさん居残ってくれるといいなぁ・・・

今日は森を歩いたお客様から、
青くて綺麗なルリビタキに出会ったという情報を頂きました。
いいな~、私はまだ会ってません。

さて、野鳥の森を星野側からどんぐり池へと歩いて行くと、
目の前に突如、まだ真っ赤に紅葉したモミジが現れます。

ポンプ小屋上モミジ

遊歩道の右脇を流れる沢の、ほんとうに水の際から生えているイロハモミジです。

このモミジ、毎年他のモミジが散った頃に色付き、
まわりがほとんど冬枯れになった頃、見頃を迎えます。

同じモミジでも、生えている場所やその木自身の性質によって、
紅葉する時期に違いがあるのですね。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード