森の赤い実

軽井沢は今日も良い天気です。

最近は、普通に毎朝10℃以下まで気温が下がっています。
寒くないように上着を持ってお出掛け下さい。

さて、先週に撮影した写真の中から、まだアップしていなかった実の写真を・・・

イタドリ実
イタドリ

種子のまわりに翼がついていて、風に飛ばされやすくなっています。
枯れて茶色っぽくなったものが増えて来ましたが、
よく捜していると、写真のように綺麗な色をしている株もありますよ。
小瀬林道沿いやあずまや前の道沿いでみつかります。

コブシ実
コブシ

握り「こぶし」のような形の実がはじけて、
赤い皮におおわれた種子が顔を出しています。
あまり果肉がないように見えるのですが、
ツグミ類やキビタキが、渡り前に食べていきます。
キツツキも好きですね。

ツルリンドウ実
ツルリンドウの実

いつもツキノワグマの爪痕を紹介するポイントのすぐ脇に、
ひっそりと実が付いていました。
ちょっと大きめの赤い実が付くのですが、これも鳥が食べるのでしょうか?
ヒヨドリやツグミ位の大きさの鳥だと、ちょっとノドに詰まらせそうです。

野鳥の森には、他にも色々な「赤い実」がなっています。
「秋だから」と言ってしまえばそれまでですが、今は野鳥の渡りの季節。
野鳥が長距離移動のために栄養分を必要とするタイミングに、
ちょうど合わせて実を付けているのかもしれませんね。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード