スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ咲いている花(キク科以外のやつ)

台風18号の影響で、軽井沢も昨夜から強い雨と風が続いています。
午後には雨は弱まりましたが、まだ強い風が吹いています。

雨がやんだ夕方には、東の空に虹がかかりましたよ。

野鳥の森にかかる虹
野鳥の森にかかる虹

さて、昨日に引き続きまして、野鳥の森にまだ咲いている花の紹介をします。
今日は、キク科以外の花を2種類。

ツリフネソウ
ツリフネソウ

9月に比べると、ずいぶん花の数が少なくなって来ました。
このラッパを吊り下げたような形の花も、
おなじみトラマルハナバチが潜り込んで蜜を集めることで受粉します。

写真には細長い紡錘形をした実も写っています。
よく熟した実は、触れると「パチン」とはじけて種子が飛び散ります。
おもしろくて、ついつい触ってしまいます。

ヤマトリカブト
ヤマトリカブト

言わずと知れた毒草です。
根だけではなく、葉にも茎にも毒があるそうです。
この変な形の花も、トラマルハナバチが蜜を集めて花粉が運ばれます。
蜜には毒はないんでしょうかね?
・・・怖くて試せません。

どんぐり池周辺に数株ありますが、
陽当たりが悪いのか、花の数は控え目です。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。