マムシグサの実が見頃です

今日は、軽井沢も雨模様です。

予定していたプライベートツアーがキャンセルになってしまったので、
空いた時間を利用して、昨日撮影した写真をUP!

マムシグサ実09
真っ赤なマムシグサの実

今、野鳥の森を歩いていて目に付くのが、このマムシグサの実です。
マムシグサはサトイモ科の植物で、その異様な姿から、ガイドでもよくお話します。
はじめ緑色だった実が赤く色付いて、それで私たちの目によく付くようになりました。

そう、赤い色で目に付きやすくすることで、色を見分けられる野鳥を惹き付け、
実を食べさせて中の種子を運んでもらおうとしているのです。

私たち人間も、フルーツ大好きなサルの仲間ですから、色を見分ける事が出来ます。
そして赤い実を見ると「食べられるかな~?」と興味をそそられるのですが・・・

みなさん、間違ってもこの実を食べようとは思わないで下さいね。
なんと、強い毒があるそうです。

マムシグサ食べられた実
でも、だれか食べている・・・

そうは言っても、赤い実は誰かが食べているはずです。
実際、写真のように、実がなくなっている株もあるのです。

この株はピッキオビジターセンターの近くにあるのですが、
面白い事に、実は一気になくなるのではなく、毎日少しずつなくなっていきました。

いったい、誰が食べているのでしょうか?

そして、毒は大丈夫なのでしょうか?

これは私の勝手な仮説ですが、
マムシグサの実は、赤くなってしばらくすると、毒が無くなるのではないでしょうか?
そしてこの実を食べる鳥(たぶん)は、その変化を外見で見分けられる・・・。
毒が無くなった実だけを選んで食べるので、実の成長に合わせて、
毎日少しずつ、実がなくなっていくのかもしれません。

実に含まれる毒の量を、簡単に調べる方法は無いものだろうか?
もちろん、味見以外の方法で・・・

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード