おふとんのお手入れ?

今日はビジターセンター川側の巣箱に、ムササビが入っていました。
背中の毛色が濃く、落ち着きがない様子から見ると、
どうやら今年生まれの若いムササビのようです。
あの松子さんの子どもかもしれません。

8月中は、親子一緒に巣箱で寝ている事が多かったのですが、
最近は別々に寝ている日が増えて来たようです。

昼間、それまで静かに寝ていたムササビが、さかんに動き始めました。
両手と口を使って、巣材の木の皮を細く裂く作業を繰り返しています。

ムサお仕事1
座って木の皮を1本づつ細く裂く

そのうち、巣箱の底に厚く積もった巣材を、
けんめいに掘り始めました。

ムサお仕事2
ちょっとひとやすみ

そしてとうとう、ムササビの姿が、よく見えなくなってしまいました。

ムサお仕事3
ムササビはどこ?

巣箱の中の巣材には、ヤマブドウのツルの皮が使われています。
これはムササビが自ら持ち込んだものです。
でもひとつの巣箱を、複数のムササビが交代で使用していますから、
今日入っているムササビが運び込んだ訳ではありません。

巣材の寝心地が気になって、よく眠れないのでしょうか?
もしかしたら、今までずっとお母さんを敷き布団にしていたので、
巣材のふとんに馴れていないのかもしれませんね。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

冬も元気ですか?

ムササビは冬の雪のかぶった木々でも、
木から木へ飛ぶのでしょうか?

冬の間のエサはどうするのでしょうか?

Re: 冬も元気ですか?

あひるさん、コメントありがとうございます。

ムササビは冬でも元気に活動していますよ。
木の冬芽や松ぼっくりの種子なんかて食いつないでいます。

でも寒いので、観察するのは大変ですね。
プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード