野竹という名前だけど

茂みの中にひょろひょろと伸びて、あまり目立たない「ノダケ」という花があります。
名前だけでは、いったいなんの仲間なのか判らないですが、こんな姿の花です。

ノダケ
ノダケ

まるで打ち上げ花火のような「複散形花序」と呼ばれる花の付き方は、
ノダケがセリ科の仲間である事を想像させます。
確かにノダケはセリ科なのですが、セリ科の花は白が多いのです。

でもノダケは茶色・・・

それで雰囲気が変わって見えるんですね。

ノダケ花
アップで見ると・・・

花をアップで見ると、花弁も確かに茶色いのですが、
とても小さくて目立ちません。
実は雄しべの葯(花粉が入っている袋)も茶色くて、
この雄しべと花弁の両方で、茶色く見えているのです。

花が咲くと、雌しべのまわりの薄い緑色と、雄しべの花糸の白さが目立ちます。
野鳥の森で見る株はいつもこんなだと思うのですが、
ネットで検索すると、花全体が茶色い株もあるようです。

私はこの写真の株の方が、オシャレだと思うんですけどね~

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード