オオルリボシヤンマの飛び姿

ちょっと更新の間があいたので、
おとといの昼に撮影した写真を1枚。

オオルリボシ♂飛翔
オオルリボシヤンマ♂(かなり写真を拡大しています)

オオルリボシヤンマのオスは、池に現れるとひたすら飛び回っています。
6畳間ほどの広さを回りながら、メスがやってこないか待っているのです。
どちらかというと、他のオスが領空侵犯してきて、
なわばりをめぐる空中戦になることが多いのですが・・・

なわばり飛翔を撮影するのは、網で捕るよりもずっと難しいのですが、
この時は頻繁にホバリング(空中停止)してくれたので、
どうにかピントを合わせられました。

私はトンボ程、飛行が上手い生物はいないと思います。
4枚のはねを自在に動かし、
急旋回はもちろん、フッと空中停止したかと思うと、
次の瞬間にはダッシュで急上昇できます。

ハチドリやスズメガも、このような動きができます。
しかし、ちいさな翼を猛スピードで羽ばたかせる彼らよりも、
時折、滑空を交えて優雅に舞うトンボの方が、
やっぱり飛ぶのが上手く見えるのです。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード