みどりの子ガエルたち

トンボ池から野鳥の森の入口にかけて、アシが茂っている場所があります。
最近、そのアシの葉をよ~く見ていると、
ちいさな緑色のカエルを見つける事ができます。
私も野鳥の森ネイチャーウォッチングで、よく紹介していますよ。

子アマガエル&指
このくらい小さいです。

葉の上に、まるでネコのように前あしを折りたたんで座っているのは、
ニホンアマガエルの子どもです。

子アマガエル
「ニホンアマガエル」

目から鼻先に焦げ茶色のラインが入っているのと、
鼻先がストンと切り落としたような形になっているのが特徴です。

気を付けて見ていると、もう1種類のカエルも見つかります。

子シュレーゲル
「しっぽ」の痕が・・・

アマガエルよりも黄色っぽくて、体が平らな感じがします。
顔を見ると、アマガエルと違って、鼻先がなめらかな流線型をしています。

子シュレーゲル2
「シュレーゲルアオガエル」

こちらはシュレーゲルアオガエルの子ガエルです。
どちらもトンボ池でオタマジャクシが育ち、カエルになったのです。

彼らはカエルになると池から上陸し、植物の上で暮らすようになります。
次第に水辺から離れ、樹上高い場所へと移動するようで、
森の中で育った大人のカエルに出会うことは、滅多にありません。

今が、葉の上に住む彼らに出会う、絶好のチャンスなのです。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード