夏の花を3種類

今日の軽井沢は、晴れて暑く、夏らしい天気になりました。
天気予報では、夕方からまた天気が崩れる予報になっているのですが・・・
こんな日は、天気予報がはずれるのを期待してしまいます。

梅雨前線が姿を消さずに日本列島に留まっていても、
野鳥の森ではちゃんと夏の花たちが咲き始めています。
今日はそんな夏の花から、3種類ほどご紹介しましょう。

シデシャジン花
シデシャジン

どうして、こんな姿の花になったのでしょうか?
細長い花びらが、ねじれながら伸びる、とても不思議な形をしています。
姿からは想像できませんが、これでもキキョウの仲間です。

ハエドクソウ
ハエドクソウ

地味な花ですが、日陰に揺れる姿は涼やかです。
草全体が有毒で、ハエ取り紙をつくるのに利用されたそうです。
ひとつの花は、長さ5ミリ程のちいさなものです。

フシグロセンノウ
フシグロセンノウ

今年もこの花が咲き始めました。
薄暗い森の中で、直径5センチ程もある大きな朱色の花を咲かせます。
この朱色はアゲハチョウが好む色です。
花弁の色に惹き付けられたアゲハチョウは、長い口吻を花に差し込み、
花の奥深くから蜜を吸う時に、顔に花粉を付けて飛んでゆきます。


これから梅雨明けにあわせて、たくさんの種類の花が咲き始めます。
8月の上旬が、野鳥の森で一番花の種類が多い季節なのです。
是非、皆さんも、野鳥の森の花たちに会いに来て下さい。

でもひとつだけお願いです。
次に見に来る人のために、そして何より、
草花たちがちゃんと種子を作り、子孫を残せるように、
花は摘み取ったりせずに、そっと見守ってくださいね。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード