夏鳥ほぼ揃いました

この週末は、軽井沢もとても暑くなりました。

平地に比べれば気温は低いのですが、
標高が高いので日射しが強く(紫外線も強く)、
まだ木々が芽吹き始めたところなので、
木陰がほとんど無いのです。

そんな暑い中でも、多くのバードウォッチャーが野鳥の森を訪れ、
夏鳥情報をピッキオに寄せて下さいました。
この場を借りて、御礼申し上げます。

さて、という訳で、夏鳥の初認情報は以下の通りです。

4月12日 クロツグミ、ヤブサメ
4月17日 オオルリ、コマドリ(通過)
4月18日 センダイムシクイ
4月20日 キビタキ、コルリ
4月21日 サンショウクイ、コサメビタキ、ノジコ

ウグイス、メジロ、アオジといった漂鳥組も到着しているので、
レギュラーメンバーは揃った感じです。

コマドリは17日に目撃情報が寄せられ、
18日には私もさえずりを聞いたのですが、
その後情報はありません。
あっという間に通過してしまったようです。

まだ確認が無いのは、減少して久しいアカハラや、
野鳥の森では滅多に見ないマミジロ、
おそらく通過のエゾムシクイ、
渡来が遅いカッコウの仲間などですね。

さて、そんな夏鳥に会えないかと、夕方にカメラを担いで少し森を歩きました。
入口から入ってすぐの沢では、カケスが水浴びをしていましたよ。

カケス180422
カケス

羽繕いしているところにそっと近付くと、
ギロッとにらまれてしまいました。

羽毛をこれ以上ないほど丸く膨らませています。
シルエットで見たら、とてもカケスには見えないでしょうね。

ポンプ小屋の辺りでは、ヤブサメが時々さえずりながら歩いていました。
立ち止まってさえずる瞬間に、1枚だけシャッターを切る事ができましたよ。

ヤブサメ180422
ヤブサメ

暗かったのでシャッタースピードが遅くてくちばしがブレて写っているのですが、
面白い事に下のくちばしだけブレています。
けっこう激しくくちばしを動かしてさえずるのですが、
下あごだけを動かしていて、上のくちばしや目、頭などは動いていないのですね。

そう思って自分の口をぱくぱくしてみると、
確かに下あごだけが動きます。
脳や目を揺らしていたら、周囲に注意を向ける事なんてできませんから、
当たり前と言ったら当たり前なんですね。

今日は残念ながら、綺麗どころのオオルリやコルリ、キビタキには出会えませんでした。
まだ個体数が少ないのでしょう。
今後の渡来数の増加に期待です。

大塚
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

いつも楽しい情報ありがとうございます。
21日の昼前後に少し歩きましたが、ミソサザイの沢で
イスカの小群に遭遇しました。水を飲んで飛び去って
いきました。うれしい出会いでした。

Re: No title

Honda,S.さん

コメントありがとうございます。

イスカは軽井沢では神出鬼没な鳥ですが、
浅間山麓はアカマツが多いので、周年いるのではないかと思っています。

実は今年の冬、自宅のアカマツに何度も群れが飛来したのですが、
常に梢で、まともな写真は撮れませんでした・・・。
プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード