スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野鳥調査情報(2018年2月23日)

軽井沢は昨夜、うっすらと雪が積もりました。
そして今朝は良い天気。
森には「ヒー・ホー」「ヒー・ホー」と、
コガラの甲高いさえずりが響いています。
木々には霧氷が付いて、寒いけれども穏やかな朝でした。

本日確認された野鳥は以下の通りです。

フクロウ、コゲラ、アカゲラ、アオゲラ(声)、カケス、コガラ、ヤマガラ(声)、ヒガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ(声)、エナガ、ゴジュウカラ(声)、キバシリ、カワガラス、シロハラ(声)、ツグミ、アトリ、イカル、計18種

フクロウ180223
フクロウ

アカゲラが騒ぐ声に目を向けると、フクロウが枝に止まりました。
フクロウを目撃するのは久しぶりです。
実際にはけっこう遠かったのですが、写真は拡大しています。
しばらくすると再び飛び立って、森の奥へと消えて行きました。

エナガ180223
エナガ

霧氷で白くなった枝から枝へと、エナガが移動して行きました。
ちょこまかしていて、相変わらず撮りにくい野鳥ですが、
今日は何とか写せましたよ。
羽毛をまん丸に膨らませていて、
まるで毛玉に棒を突き刺したような姿で写りました。

ヒガラ180223
ヒガラ(口にカラマツの種子をくわえています)

普段は高い梢にいる事が多いヒガラが、何羽も地面に降りていました。
何をしているのだろう?と観察していると、
地面に落ちたカラマツの松ぼっくりから、種子をひとつずつ取り出し、
少し離れたカラマツの幹へと飛んで行っては、また戻ってきます。
どうやらカラマツの樹皮の隙間に、種子を隠しているようです。
そう、ヒガラもヤマガラやコガラ同様、貯食行動をするのです。

もしかしたら、ヒガラが地面に降りて来ていたのは、
冬も終わりに近付き、樹上の食べ物が残り少なくなっているためかもしれませんね。

他にも今朝は、湯川でカワガラスがさえずりや追いかけ合いをしていました。
まだまだ寒い日が続いていますが、
少しだけ春の気配が感じられるようになってきました。


大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。