スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エビフライ製造中

先週の鳥類調査で森を歩いた時、
ニホンリスにも出会っていました。

地面を走る姿に気付いたのですが、
すぐ近くの木に登って、枯枝の上で何かを食べ始めましたよ。

少し距離があったのですが、木々の隙間を捜して望遠レンズを向けると、
手に持っていたのはアカマツの松ぼっくりでした。

ニホンリス180111-1
松ぼっくりを持つニホンリス

リスは両手で器用に松ぼっくりを持つと、
根元の方から1枚ずつ鱗片を剥がしていきます。
そして鱗片に付いた種子を食べると、
その鱗片を「ぽいっ!」と投げ捨てます。

ニホンリス180111-2
「ぽいっ!」の瞬間

鱗片を先端まで剥がし切ると、
残った芯を今度は「ぽろっ!」と落としました。
この芯がいわゆる「エビフライ」。
野鳥の森ではリスやムササビがアカマツの松ぼっくりを食べ、
この「エビフライ」を残します。

ニホンリス180111-3
「食べ終わっちゃった・・・」

そして毛づくろいをしてから、木を降りて走り去って行きました。

ニホンリス180111-4
「かゆい、かゆい」

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。