スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野鳥調査情報(2017年12月16日)

今朝の軽井沢は良い天気でしたが、
少し風が強かったです。

本日確認した野鳥は以下の通りです。

コゲラ、アカゲラ、ハシブトガラス、コガラ、ヒガラ、シジュウカラ、エナガ、ゴジュウカラ、ミソサザイ、カワガラス(声)、トラツグミ、ツグミ(声)、ルリビタキ(声)、アトリ、カワラヒワ(声)、ベニマシコ(声)、イカル、ホオジロ、ミヤマホオジロ、計19種

アカゲラ休憩所前の草地で、「チッ」「チッ」と、
か細い地鳴きが聞こえてきました。
ホオジロ類だろうとは思ったのですが、姿が見えません。
しばらくして茂みの中から姿を現したのは、ミヤマホオジロのオスでした。

ミヤマホオジロ171216
ミヤマホオジロ♂

モロに枝かぶりで残念ですが、とりあえず証拠写真です。

先日、お客様から情報は頂いていましたが、
私自身は今シーズン初確認でした。

ミヤマホオジロもカシラダカも、ついでにアオジやノジコも、
地鳴きをカタカナで標記すると「チッ」となります。
頻繁に聞いていれば、それぞれの微妙な違いが聞き分けられるかもしれませんが、
ホオジロ類が少なくなった今の野鳥の森では、なかなか難しいですね。

ちなみにホオジロは「チチチッ」と「チ」を3〜4回続けるので聞き分けやすいです。

アカゲラ休憩所では、カモシカが1頭、
「ガッサ」「ガッサ」と走り去って行きました。
残念ながら撮影はできず。

カモシカは「ぽけ〜」っとこちらを眺めていることもあるのですが、
今日の子は警戒心が強かったようです。

鶴溜の出入り口に向かう遊歩道の途中では、アトリの大群に出会いました。
私の接近に、地面から次々と飛び上がっていきます。
遊歩道上を横切る姿を目安にカウントすると、188羽まで数えられました。
恐らく、200羽を越える群れだったのでしょう。

アカゲラ休憩所からミソサザイの沢に降りる遊歩道の途中では、
トラツグミを見つけました。

トラツグミ171216
トラツグミ

地面から無言で枯枝に飛び乗った姿を見つけ、
「ツグミかな?」と双眼鏡を向けたところ、全身ウロコ模様でした。

先週、他のスタッフが「野鳥の森ネイチャーウォッチング」の際に、
どんぐり池付近でトラツグミを目撃していました。
もしかすると同一個体かもしれませんね。

遊歩道を一通り歩き終えると、ゴール地点は野鳥の森中央のT字路となります。
そこからまたアカゲラ休憩所前の草地を見ると、
調査時には見つからなかったカシラダカが飛び立ちました。
さらに、さっきは鳴き声だけだったルリビタキが、顔を出してくれましたよ。

ルリビタキ171216
ルリビタキ♂

先月の調査でも、同じ場所でルリビタキの成鳥オスを確認しています。
こちらも同一個体かもしれませんね。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。