初ベニマシコ!

今シーズンは10月28日にはじめて声を聞いたベニマシコ。
例年通りアカゲラ休憩所前の草地で、「ピッポ」と声だけが聞こえてきます。

今日は野鳥の森の巡回がでら、
草地でちょっと捜してみる事にしました。

草地の中に分け入ると、今年もイノシシの巣がいくつも作られていました。
(過去の写真はこちら → 2015年11月18日の記事

また、藪の中には木の枝から
コガタスズメバチの巣がぶら下がっていましたよ。

コガタスズメバチ古巣171108
コガタスズメバチの巣

写真を撮っている間もハチの出入りは無かったので、
もう巣は解散してしまったのでしょう。
どこかで新女王バチが越冬し、
来春にまた新しい巣を作り始めるのです。

さて、タラノキに実が残っていたので、
そこでしばらく待ってみる事にしました。

通りがかったバードウォッチャーの方から
「何を待っているのですか?」と声を掛けられ、
ベニマシコについてお話ししていると・・・。

なんともタイミングよく、1羽のオスが飛来しました。

ベニマシコ171108
ベニマシコ♂

引きが強い方っているものですね。
私が待っている間はなかなか出てこなかったのに、
その方がいらっしゃったとたんに出るのですから・・・。

とりあえず証拠写真と撮影したのですが、
薮がゴチャゴチャしている場所からは出て来てくれませんでした。
そのため、写真の周囲を切り落として少し拡大しています。

タラノキの実を口にくわえて「モゴモゴ」しているのが判りますね。
ベニマシコは実から種子をより分けて食べ、果肉は口から落としてしまうのです。
タラノキの実が無くなるまでのしばらくの間は、
ここで待っていればベニマシコを見られると思いますよ。

大塚

「ベアドッグ繁殖プロジェクト」クラウドファンディング挑戦中!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード