台風一過の虫たち

2週連続で台風が通過したことにより、
軽井沢野鳥の森の木々は、ずいぶんと葉が落ちてしまいました。
でもその分、野鳥の姿はずいぶん見えやすくなりましたよ。

今日は台風被害の確認も兼ねて、野鳥の森の遊歩道を巡回しました。
幸い、新しい倒木は見つかりませんでしたが、
まだ葉を付けたカラマツの枝が至る所に落ちていて、
林床までカラマツの黄葉で黄色く染まったように見えました。

開花植物はほとんど無く。
わずかにアカツメクサ、ヒメジョオン、トネアザミが咲き残り、
他にはガンクビソウが1株だけ季節外れに咲いていただけでした。

一方で、北風が強く寒かったにもかかわらず、
陽だまりでは昆虫の姿が見られましたよ。

アオフキバッタ171030
アオフキバッタの交尾

野鳥の森で最も良く見かけるバッタが、このアオフキバッタです。
以前はハネナガフキバッタやミカドフキバッタも野鳥の森に生息していましたが、
最近は見られなくなってしまいました。
森の木々が成長するにしたがって、
明るい場所が少なくなったのが原因ではないかと考えています。

ササキリモドキsp171030
ササキリモドキの仲間

恐らくキタササキリモドキだと思うのですが、
この仲間が載っている図鑑がピッキオには無くて判りません。
普段は木の葉の上で見かけるのですが、
落葉とともに地面に降りて来てしまったのでしょうか?

キイロスズメバチ171030
キイロスズメバチ

私に気付いて地面から飛び立とうとしましたが、
離陸できませんでした・・・。
弱っているようにも見えないので、気温が低すぎたのでしょうか?
しばらく見ていると、落ち着きを取り戻して歩き回り、
地面に落ちていたヤマブドウの実を食べ始めました。

軽井沢では花のシーズンはもう終了。
昆虫のシーズンももうすぐ終わりです。
長く寒い冬が近付いてきます。

大塚

「ベアドッグ繁殖プロジェクト」クラウドファンディング挑戦中!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード