秋の虫たち

9月も半ばを過ぎ、軽井沢は少しずつ秋めいてきました。
オニヤンマの姿もいつのまにか見かけなくなり、
虫の姿からも、秋を感じます。

ケラ池のほとりでは、フキの葉の上にフキバッタが止まっていました。

アオフキバッタ170923
アオフキバッタ

野鳥の森では見慣れたアオフキバッタです。
翅がありませんが、これで立派に成虫。
この種類は成虫になっても翅がないのです。

一方でトクサには、翅が短い他のバッタが止まっていました。
背中に筋が入っています。

コバネイナゴ幼虫170923

どうやらコバネイナゴの幼虫のようです。
昨年もこの辺りでコバネイナゴの成虫を確認しましたので、
しっかり繁殖していたようですね。
もうすぐ脱皮して、翅の長い(といっても腹部よりは短い)成虫になるでしょう。

コナラの葉の上には、秋になるとよく見かけるイカリモンガが止まっていました。

イカリモンガ170923
イカリモンガ

翅を立てて閉じ、まるでチョウのように止まっていますが、
昼間飛ぶ蛾の仲間です。
もっとも、チョウとガはどちらも「チョウ目」に分類される仲間なので、
それほどの違いはないのです。

アキアカネも、すっかり体が赤くなりました。
ケラ池に植えられたワレモコウに止まっていましたよ。

アキアカネ♀170923
アキアカネ♀

アキアカネは午前中に水田や水溜まりに産卵し、ケラ池では産卵は見られません。
このメスはもう今朝の産卵を終えてケラ池に飛来したのでしょうか?
それとも毎朝産卵する訳ではないのでしょうか?

虫が見られる季節も、残り短くなってきましたね。

大塚
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード