もう秋雨?

長雨が終わって天気の良い日が続いていたと思ったら、
もう天気図には秋雨前線が現れ、
昨日の夕方からは雨が降り始めました。

雨が降る前にと、昨日のうちに野鳥の森を巡回しました。
遊歩道のゴミを拾いながら、いつものように開花植物を記録しましたよ。

昨日、咲いていたのが確認された植物は以下の通りです。

草の花:ノブキ、ミズヒキ、キツリフネ、イヌトウバナ、ハナタデ、フシグロセンノウ、キンミズヒキ、ホソバガンクビソウ、シロヨメナ、キオン、ツリフネソウ、ユウガギク、ダイコンソウ、オトコエシ、ススキ、チヂミザサ、ヤマニガナ、サラシナショウマ、ヤマウド、イタドリ、キツネノボタン、シデシャジン、ヒヨドリバナ、ヤマゼリ、ハンゴンソウ、クサコアカソ、ヒメジョオン、ゲンノショウコ、クルマバナ、シシウド、メマツヨイグサ、コバギボウシ、クサボタン、シラヤマギク、ガンクビソウ、ソバナ、ミツバフウロ、イヌタデ、セキヤノアキチョウジ、ミゾソバ、ムカゴイラクサ、キバナアキギリ、ツユクサ、ヤマジノホトトギス、オミナエシ、ミズタマソウ、シラネセンキュウ、アカツメクサ、オオバコ、ハキダメギク、ナンテンハギ、カタバミ、ハエドクソウ、ミヤマタニソバ、ヤマハッカ(見つけた順)

木の花:ヤマハギ、タラノキ

クサコアカソ170830
クサコアカソ

よく「シソですか?」と聞かれるクサコアカソ。
日当りの良い場所では、名前の通り茎や葉柄が赤くなります。
花びらを持たない風媒花ですが、なかなかに美しい。

ヤマジノホトトギス170830
ヤマジノホトトギス

おしべとめしべがまるで噴水のように上に向かって伸びている、
不思議な形をしています。
花びらの下に蜜腺があり、おそらくマルハナバチ類がそこに頭を突っ込むと、
ハチのおしりにしべが触れるのだと思いますが、
なかなか虫が訪れる瞬間を見る機会がありません。

フシグロセンノウ170830
フシグロセンノウ

アゲハチョウが長い口吻を差し込んで蜜を吸うフシグロセンノウ。
しかし今年は天気の悪い日が続いて、
そんな姿を見る機会がありませんでした。
天候不順は、草花たちの種子生産にも影響を与えるのではないでしょうか?

ユウガギク170830
ユウガギク

そうしてもう、野菊の季節となりました。
天気が悪くても、季節はどんどん進んでしまいます。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード