昨日の虫いろいろ

昨日の巡回では、昆虫の写真もいくつか撮影していました。
まずはゼフィルスと呼ばれるグループの、ちょっと大きなシジミチョウから。

ウラゴマダラシジミ170707
ウラゴマダラシジミ

翅の裏が白く、黒いまだら模様があることから、裏胡麻斑小灰蝶と呼ばれています。
「ゴマダラ」と付く虫はいろいろありますが、漢字をそのまま読むと「ゴママダラ」。
読みにくいから「マ」が省略されたんでしょうか?

ウラゴマダラシジミ表170707
ウラゴマダラシジミの表側

翅を開いて表面も見せてくれました。
綺麗な水色の模様があります。
まだ傷の無い、羽化して間もない個体のようです。

ホシミスジ170707
ホシミスジ

小さな広場に、ホシミスジがやたらに飛んでいました。
こちらもまだ新鮮な個体が多かったようですが、
なかなか静止してくれないので、じっくり観察できません。
他にはやはり新鮮なシータテハやルリタテハ、スジグロシロチョウ、
ちょっと翅が破れたイチモンジチョウなどを見かけました。

ミツバウツギの葉の上では、こんな綺麗なコガネムシも見つけましたよ。

オオトラフコガネ170707
オオトラフコガネ

コガネムシの仲間は金緑色か黒・茶系が多いですが、
本種は「虎斑」というだけあって、黒地に黄色い模様があります。
これはオスの特徴で、触角の先も大きくなっています。
今の季節だけに見られる種類なので、見つけるとちょっとうれしくなります。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード