今日の開花植物とかいろいろ

梅雨に入っても、良い天気が続いています。
予報では明日から雨模様。
天気が悪くなる前にと、鳥獣保護区管理員の業務で
野鳥の森の遊歩道を巡回しました。

今回も、開花植物を記録しながら歩きましたよ。

草の花:ヒメヘビイチゴ、ミゾホオズキ、エゾノタチツボスミレ、ハルジオン、ムラサキツメクサ、クルマムグラ、フタリシズカ、ムラサキケマン、カルイザワテンナンショウ、マムシグサ、サワギク、ニガナ、タニギキョウ、クワガタソウ

梅雨は花が少ない時期で、あまり目立つ花はありません。
その中でもよく目に付くのは、小さな黄色いヒメヘビイチゴです。

ヒメヘビイチゴ170620
ヒメヘビイチゴ

ヘビイチゴをそのまま小さくしたような花ですが、
ヒメヘビイチゴの実は赤くなりません。

木の花:コゴメウツギ、エゴノキ、ノイバラ、ガマズミ、マユミ、ニシキウツギ、ミズキ、クマイチゴ、フジ、ヤブデマリ

木の花は高い場所で咲いているものが多いので、気をつけないと見落としてしまいます。
地面に落ちている花を見つけて、咲いていることに気付く事もしばしば。
目に付きやすいのは、やはり低い位置に咲いているコゴメウツギくらいです。

コゴメウツギ170620
コゴメウツギ

さて、今の季節、地面を見ながら歩いていると、
葉っぱの巻き物がよく落ちています。

オトシブミゆりかご170620
オトシブミのゆりかご

オトシブミのゆりかごです。
中に卵がひとつ産みつけられていて、
孵った幼虫はこの包みの中を食べて成長し、
成虫になると包みに穴を開けて出てくるのです。

1センチに満たない小さな虫が、葉を折り畳んで巻いていくのですが、
まだ柔らかい葉が好みのようで、新緑が伸び切った初夏に多く見られます。

今日は遊歩道の真ん中に、こんな物も落ちていました。

シュレーゲルアオガエル170620
シュレーゲルアオガエル

はじめ木の葉が落ちていると思って気にも留めなかったのですが、
またごうとした瞬間にカエルだと気付きました。
樹上生活者のはずですが、なんで地面にうずくまっているのでしょうね。

ミソサザイの沢では「カッカッ・ヒーリーリー」というオオルリの声が…。
どうやら警戒声のようです。
近くに巣があるのでしょうか?

声がする方向を見ると思った通り、
虫(ジョウカイボンの仲間)を口にくわえたオオルリのメスが止まっていました。

オオルリ♀170620
オオルリ♀

以前撮影したオオルリのメスも、ジョウカイボンの仲間をヒナに運んでいました
(→2010年6月10日の記事)。
オオルリはジョウカイボンが好きなのでしょうか?

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード