野鳥調査情報(2017年6月16日)

今日の軽井沢は、朝からよく晴れていて、
8時半頃から、早くもエゾハルゼミの合唱がはじまりました。

毎月定例の鳥類調査を実施しましたが、
そんな訳で、後半はセミの声にかき消されて鳥の声が拾えない・・・。
なかなかに苦戦を強いられた調査となりました。

とりあえず、本日確認した野鳥は以下の通りです。

カルガモ、キジバト(声)、ホトトギス(声)、フクロウ、コゲラ、サンショウクイ(声)、コガラ、ヤマガラ(声)、ヒガラ(声)、シジュウカラ(声)、ヒヨドリ(声)、ヤブサメ(声)、センダイムシクイ(声)、メジロ(声)、ゴジュウカラ、ミソサザイ(声)、クロツグミ(声)、コルリ、キビタキ、オオルリ、計20種

森に入ってすぐ、キビタキやカラ類の地鳴きが賑やかに聞こえるので見上げると、
大きな鳥が飛び去って遠くの枝に止まりました。
後姿でしたが、間違いなくフクロウです。
小鳥たちにモビングされていたんですね。

どんぐり池の手前では、コルリのメスが地面を歩いていました。

コルリ♀170616
コルリ♀

近くの茂みからは、「ジッ」「ジッ」という声がします。
どうにか姿を見つけると、巣立ちビナ。
コルリのメスも、時々「ジッ」と声を出し、一緒に移動していきます。
そして給餌の様子も観察できました。
コルリのヒナだったんですね。

実は先週まで、この辺りでコルリが巣に給餌している様子が、
よく観察されていました。
しかし気付いてから1週間ほどで給餌する姿を見なくなったので、
てっきり巣が天敵に襲われて、ヒナがいなくなったのだろうと思っていたのです。
実はしっかり巣立っていたんですね。

確認したヒナは1羽だけで、オスの姿は見当たりませんでした。
オスは他のヒナを連れて離れた場所にいたのかもしれません。

実は巣に給餌していた頃、
コルリの親鳥がどんな餌を運んでくるのか興味があって、
その様子を撮影していました。

あまりに巣が遊歩道に近かったので、ブログにアップするのがためらわれたのですが、
巣立ちも確認できたので、ご紹介しましょう。

コルリ・イモムシ
イモムシ

コルリ・カマドウマ
カマドウマ、ガの成虫、イモムシ、シャクトリムシ、ヨコバイの幼虫

コルリ・ムカデ
ムカデ、クモ、シャクトリムシ

コルリは地面を歩きながら餌を探すので、
ムカデやカマドウマなど、地面にいる虫も多く持って来るようです。
また、虫を捕まえながら歩いて巣の近くまで帰ってきて、
一度に何匹もの虫を運んで来ることが多いようでした。
シジュウカラの場合だと、1匹虫を捕まえる度に巣に運びますから、
種類が違うとずいぶん違うんだなぁという印象でした。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード