5月14日の早朝バードウォッチング

今年の「早朝バードウォッチング」は5月22日までの開催です。
野鳥の森は木の葉が茂ってきましたが、
まだまだバードウォッチングシーズンですよ。

今朝の「早朝バードウォッチング」で確認された野鳥は以下の通りです。

キジバト(声)、アオサギ、コゲラ、アカゲラ、アオゲラ、サンショウクイ、モズ(声)、カケス(声)、ハシブトガラス、コガラ、ヤマガラ(声)、ヒガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス(声)、ヤブサメ(声)、エナガ、センダイムシクイ(声)、ゴジュウカラ、ミソサザイ、カワガラス、クロツグミ(声)、コルリ、コサメビタキ、キビタキ、オオルリ、イカル、ホオジロ(声)、ノジコ、計29種類

今朝は残念ながら、コマドリは確認できなかったそうです。
ようやく繁殖地へと渡っていったのでしょうか?
無事、繁殖地に到着しているといいですね。

今朝、少し森に入った私は、1羽のヒガラに出会いました。
すぐ近くに寄ってきたので静かにしていると、
目の前の地面に降り立って、何かをさかんにつつき始めましたよ。

ヒガラ1170514
ヒガラのうしろ頭

「虫でもいたの?」と見ていると、
顔を上げたくちばしには、毛がくわえられていました。

ヒガラ2170514
「巣材を集めてるのよっ!」

何度も毛をむしり取って、結構な量の毛をくわえたまま飛び上がっていきました。
「一体、何から毛をむしっていたのだろう?」
そう思って、今までヒガラがつついていたものを見てみると、
何やら動物の毛皮の一部のようです。

一体、誰の毛皮なのか?
そもそも、何で毛皮がほんの2〜3センチ四方だけ落ちているのか?
キツネか誰かの食べ残し?

その正体は謎ですが、
巣材を集めている親鳥は、そんな小さな毛皮もしっかり見逃さないのですね。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード