5月7日の早朝バードウォッチング

ゴールデンウィークも最終日となりました。
日中、暖かくなる日が多かったので、
森の低木はずいぶん緑の葉を広げてきました。
桜もオオヤマザクラは散り始め、今はヤマザクラが満開になっています。

本日の「早朝バードウォッチング」では、以下の野鳥が確認されました。

マガモ、アオバト(声)、コゲラ(声)、アカゲラ、サンショウクイ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、コガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス(声)、ヤブサメ(声)、エナガ、センダイムシクイ、メジロ、ゴジュウカラ、ミソサザイ、カワガラス、クロツグミ、コルリ、キビタキ、オオルリ、イカル(声)、計24種類

さて、軽井沢野鳥の森の夏鳥たちはメスも到着し、
何やらオスたちは忙しそうになってきましたよ。

昨日の夕方、少し森に入ってみると、
キビタキのメスとそれを追いかけているオスを見つけました。
低い枝にとまっていたメスが、ぱっと地面に降りて虫を捕まえましたよ。

キビタキ♀170506
キビタキ♀

捕まえたイモムシを、ぶんぶん振り回しています。
何のイモムシでしょうか?
背中側が写っている写真を拡大してみました。

キビタキ虫アップ

クリーム色の2本の筋にオレンジ色の点が並んだ、黒っぽいイモムシです。
どうやらウスバシロチョウの幼虫のようですね。

ウスバシロチョウは卵で越冬し、春先にムラサキケマンの葉を食べて成長。
そして5月の下旬には、もう成虫になって飛び始めます。
今は丁度、幼虫がさかんに成長している時期ですね。

しかし、ウスバシロチョウの幼虫は、日中は枯葉の下などに隠れ、
夜になると出てきて葉を食べるという、夜行性のイモムシです。
隠れているはずのイモムシを見つけるとは、
さすがイモムシ好きのキビタキは、鋭い目をしてますね。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード