半日で冬から春へ(野鳥調査情報2017年4月12日)

昨日の軽井沢は、朝から雪が降っていました。
夕方から雨に変わりましたが、
今朝の森にはまだうっすらと雪が残っていましたよ。

毎月定例の鳥類調査で森を歩くと、
雪の上にいくつもの動物の足跡が残っていました。

タヌキ足跡170412
タヌキ

カモシカ足跡170412
ニホンカモシカ

イノシシ足跡170412
イノシシ

調査を始めた時間帯は深い霧が出ていましたが、
日が昇るにつれて霧が晴れ、次第に良い天気になりました。

そんな中で確認された野鳥は以下の通りです。

トビ、コゲラ、アカゲラ、アオゲラ、カケス、ハシブトガラス、コガラ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、エナガ、ヒレンジャク、ゴジュウカラ、キバシリ、ミソサザイ、キセキレイ、アトリ、カワラヒワ、シメ、イカル、ホオジロ、計21種

もう4月ですが、ようやく今シーズンはじめて、
冬鳥のヒレンジャクを確認しました。

ヒレンジャク170412
証拠写真・・・

確認できたのは15羽。
ヤドリギの実を食べていましたよ。
渡りの時期になって、ようやく立ち寄ってくれましたね。

一方で、もう巣づくりを始めている野鳥もいます。
今日はゴジュウカラが樹洞に出入りしているのを観察しました。

ゴジュウカラ造巣170412
ゴジュウカラ

木屑のようなものをくわえて、
樹洞入口の内側になすり付けていました。
ゴジュウカラは巣穴の入口を泥などで狭くする習性があります。
どうやらその左官作業を目撃したようです。

街中ではもうツバメを見ていますが、
森にはまだ夏鳥の姿は見つかりませんでした。
でも、もうあと数日で、クロツグミなどは到着するのでしょうね。

午後、ピッキオビジターセンターの前では、アズマイチゲが咲いていました。

アズマイチゲ170412
アズマイチゲ

例年、4月の第1週あたりに咲き始めますので、
今年は約1週間遅かったですね。

朝に残っていた雪もほとんど無くなり、
ほんの半日程で、すっかり冬から春になったようです。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード