どんぐり池の落葉

最近の軽井沢は、厳冬期に比べれば暖かくなってきました。
それを実感するのは、朝、どんぐり池の水面が凍結していない時です。

あと2週間もすれば、ヤマアカガエルの産卵が始まります。
そう思ってどんぐり池の水底を覗けば、
落葉の隙間から顔を出している、ヤマアカガエルの姿を見つける事もありますよ。

さて、最近どんぐり池を覗いて気になるのは、
沈んでいる落葉の様子です。

水底の葉フジ
フジ

水底の葉モミジ
モミジ

水底の葉ホオノキ
ホオノキ

どれも葉脈を残して、まるでレース編みのようになっています。
先日は落葉に小さなカゲロウの幼虫が貼り付いているのを見つけました。
どうやら水面下で活動するカゲロウやトビケラの幼虫が、
落葉をモリモリと食べているようです。

寒い冬の間、冷たい水の中でも、活動している昆虫がいるのですね。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード