野鳥調査情報(2017年2月8日)

今朝も軽井沢はよく冷え込みました。

軽井沢野鳥の森では、陽当たりの良い斜面などは雪がほぼ溶けましたが、
遊歩道にはまだ雪が残っています。
特に小瀬林道はツルツルに凍っていますので、
散策する際には滑り止めをご用意頂くと良いでしょう。

さて、本日確認した野鳥は以下の通りです。

コゲラ、アカゲラ、アオゲラ、カケス、コガラ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、エナガ、ゴジュウカラ、キバシリ、カワガラス、ツグミ、ルリビタキ、計14種

留鳥のカラ類やキツツキ類には何度も出会いましたが、
確認した冬鳥は、ツグミとルリビタキ(♀タイプ)の2種類のみでした。

ちなみにルリビタキは、
アカゲラ休憩所近くのツタウルシが巻いたカラマツで、
ツグミに追い回されていましたよ。

読むと元気になる!という某青年誌に連載の漫画では、
ツグミはいつも追い回される役回りですが、
実物は結構、気が強いのです。
まぁ、ヒヨドリには追い払われていますが・・・。

野鳥の写真は撮れなかったので、
久しぶりに昆虫の写真を1枚。

オオカマキリ卵嚢170208

オオカマキリの卵嚢です。

軽井沢ではあまり見かけないオオカマキリですが、
野鳥の森ではアカゲラ休憩所前の草地に細々と暮らしています。

このように卵嚢も時々見かけるのですが、
子どもの頃に故郷の千葉で見ていた(集めていた)卵嚢と比較して、
いつも「小さいなぁ」と思います。

やっぱり軽井沢の寒さ(というか夏の短さ)は、
オオカマキリにとっても厳しいものなのでしょうね。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード