野鳥調査情報(2017年1月19日)

15〜17日に降った雪で、軽井沢野鳥の森はすっかり雪に覆われました。
遊歩道の積雪は20センチ程。
散策には、防寒ブーツやスパッツがあった方が良いでしょう。

そんな中、毎月恒例の鳥類調査で森を歩きました。
森の中には、雪の上のあちこちに、動物の足跡が残されています。
中でもミソサザイ休憩所には、入口から中に入って、
そして再び出て行くノウサギの足跡が残されていましたよ。

ウサギ足跡ミソサザイ休憩所
何しに入ってきたの?

さて、本日確認した野鳥は、以下の通りです。

コゲラ、アカゲラ、アオゲラ、カケス、ハシブトガラス、コガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、ゴジュウカラ、キバシリ、ミソサザイ、カワガラス、ツグミ、ベニマシコ、ウソ、計17種

沢沿いの遊歩道を歩いていると、ツグミが何度も沢から飛び出して行きました。
地面が雪で覆われてしまったので、沢の水際で食べ物を捜しているのでしょうね。
ルリビタキにもそういう習性があるので期待したのですが、今日は会えませんでした。
他に冬鳥は、ウソとベニマシコの声を聞きましたが、
姿は飛んでいるのをチラッと見たのみでした。

カラ類は活発で、今日は何度も混群に出会いました。
しかも低い位置を移動する群れに3回程行き合い、
周囲をカラ類に囲まれる幸せな時間(?)を過ごせました。

その群れを先行していたエナガを撮影しようと努力したのですが、
やっぱりエナガは動きが素早い。
レンズを向けてピントを合わせているうちに、
他の枝にどんどん移動してしまって間に合いません。
どうにかシャッターを切っても、
なかなかエナガらしさの伝わるアングルで写ってくれないのです。

なんとか写った1枚がこれ。

エナガ170119
エナガ

さらに接近してきたエナガにどうにかピントを合わせると、
構図がメチャクチャで画面の端に上半身だけ写ってました。
その上半身をトリミングして・・・。

エナガ顔170119
エナガの顔

カワイイ鳥なので、ちゃんと撮影したいのですが、
いつも失敗ばっかりです。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード