「国替え」実施しました

5月24日にご紹介したビジターセンターの女王様。
本日、国替え(引っ越し)して頂きました。

ハチ箱
野鳥の森の中に設置したご新居

まず女王様と巣を採集し、女王様には白いペイントマーカーでマーキングをします。
これから産まれる働きバチと、見分けるためです。

捕まえた捕虫網の上から直接マーキングしようとしたのですが・・・
ちょっと塗料が出過ぎて、真っ白になってしまいました。

エリザベス
「セグロ(背黒)アシナガバチ」なのに・・・

大丈夫だろうか・・・?

ちなみに名前は「エリザベス」に決定!
何故って・・・そりゃぁ女王様ですから。
エリザベスの巣には、卵だけでなく幼虫も育っていました。

他にも、2匹のコアシナガバチの女王様に、国替えして頂きました。
体の小さなコアシナガバチには、和風の名前をつけることにしました。

卑弥呼
星のや前のガードレールからお移り頂いた「卑弥呼」

卑弥呼の巣には、すでにまゆで塞がれた部屋ができています。
中にはサナギがあるはずです。

篤姫
東家のおとなりからお移り頂いた「篤姫」

篤姫の巣は、真下から内部が判るように撮影しました。
幼虫やまゆがよく判ると思います。

まゆから産まれたハチは、働きバチとなって、女王様に代わって労働するようになります。
働きバチが産まれるのはいつになるでしょうか?
楽しみです。

でもそれまでは、女王様が女手ひとつで子育てをしなくてはなりません。
実際、アシナガバチの巣では、この時期に女王様が不慮の死をとげられ、
滅亡してしまうことが多いのです。
ましてや国替え&マーキングという大変なストレスに見舞われた彼女たち。
無事に王国を繁栄させてくれると良いのですが・・・

野鳥の森ネイチャーウォッチングでは、彼女たちの様子を継続的に観察していきます。
働きバチが産まれ、巣を拡張する様子や幼虫にエサを与える様子など、
様々な行動を観察したいと思います。
上手くいけば、夏には賑やかな王国が繁栄していることでしょう。

本ブログ上でも、時々様子をご報告したいとおもいます。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード