野鳥調査情報(2016年12月15日)

今朝はとても寒い朝でした。
どんぐり池では、水面から白い湯気(?)が立っていましたよ。

鳥たちも調査開始時は静かでしたが、
8時を過ぎてから、活発になってきたようでした。

本日、確認した野鳥は、以下の通りです。

コゲラ、アカゲラ、アオゲラ、コガラ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、ゴジュウカラ、キバシリ、ミソサザイ、カワガラス、ツグミ、アトリ、カワラヒワ、ベニマシコ、シメ、ホオジロ、計19種

ベニマシコはアカゲラ休憩所前の草地で、声のみの確認でした。
草地に埋もれるようにして採餌しているホオジロのペアを見ていると、
近くの灌木に顔を出したのはツグミでした。

ツグミ161215
ツグミ

寒いからでしょうね。羽毛をまん丸に膨らましていました。
どうやら、ノイバラの実をついばんでいたようでした。

アカゲラ休憩所の付近にやってきたカラ類の混群をカウントしていると、
群れの中にキバシリを2羽発見しました。

ミソサザイの沢では、ミソサザイとカワガラスを確認。
アトリの小群が沢から飛び立ちました。

小瀬林道を通ってキビタキ休憩所へと登ると、
途中でシメが1羽。
梢に絡んだヤマブドウから、干からびた実をついばんでいました。

キビタキ休憩所の周りには、今度は15羽程度のツグミの群れ。
落葉を掻いたり、ツタウルシの実をついばんだりしていましたが、
それをみていたらアオゲラが1羽、紛れ込んでいましたよ。

最後にエナガの群れに出会い、今回の調査は終了しました。

種類はそれほど多くありませんでしたが、
以外といろいろ見ることができましたね。

大塚

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード