動物の痕跡いろいろ

昨日はまた、軽井沢野鳥の森の遊歩道を、ゴミ拾いしながら歩きました。

先週に降った雪は、その後の雨や暖かい日があったせいで、
ほとんど溶けてしまいました。
今は普通の靴で歩く事が可能です。

そうはいっても明日から12月。
またいつ雪が積もってもおかしくないですので、
散策をご予定の方は、足元の装備もしっかりしてお出掛け下さい。

森はすっかり葉が落ちたので、ずいぶん見通しが良くなりました。
クリの木にできた熊棚も丸見え・・・。

クリ熊だな161129

ちなみにこの熊棚は、アカゲラ休憩所前の草地の縁、
遊歩道から見て丁度反対側に見られます。

他にも今年は、キビタキ休憩所から見えるミズナラや、
あっちこっちのウワミズザクラにできた熊棚を見る事ができますよ。

雪が溶け残っている場所では、わずかに動物の足跡も残されています。
もう溶けすぎて種類の判別が難し物が多いですが、
ミソサザイの沢に降りる階段で、タヌキと判る足跡を発見!

タヌキ足跡161129

雪の斜面を慎重に降りていったようです。
アニマルトラッキングの季節がやってきましたね。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード