南へ向かう旅人

今日は午前中のうち曇り空。
また野鳥の森を、ゴミ拾いしながら歩きました。

開花植物は前回とあまり変化がないので割愛します。
今日はアカゲラ休憩所前の草地で、南へ向かう旅人に出会いましたよ。

アサギマダラ161003
アサギマダラ

浅葱色の紋が美しいアサギマダラです。
渡りをするチョウとして知られ、秋は南へと移動する季節です。
この個体も、南へと渡っている途中なのでしょう。
ちょっと翅が破れていますが、大丈夫でしょうか?

アサギマダラ顔161003

アサギマダラは、体までまだら模様をしています。
彼らは幼虫時代にイケマなどのガガイモ科植物の葉を食べ、
体内にそのアルカロイドを貯め込み、
毒として身を守るのに利用していると考えられています。

そして有毒である事を天敵に知らせるため、
鮮やかな姿をしていると考えられています。
まだら模様は、不味そうな印なのでしょうね。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード