ちょっと痛そう

この数年はゴールデンウィークに、
早朝バードウォッチング」を担当していた私、大塚ですが、
今年は主に「空飛ぶムササビウォッチング」を担当しています。

と、言う訳で、朝にはムササビ巣箱をチェックして廻る毎日を過ごしています。
今日も数カ所の巣箱で、ムササビが眠っていますよ。

さらに現在、3カ所の巣箱に、赤ちゃんを連れたお母さんムササビが入っています。
ひとつの巣箱では、お母さんのお腹の上に赤ちゃんが載っているのが、
モニター越しに確認できました。

ムサ森巣箱160502
巣箱内のムササビ親子

産まれた頃に比べると、赤ちゃんもずいぶん大きくなりました。
でもまだ、巣箱の中だけで過ごしていますよ。

別の巣箱では、お母さんが顔を出して、外を眺めていました。

ムサ・クルミ160502-2

顔が白い!

以前、2月24日の記事でも紹介した個体のようですね。
メスだったんだ・・・。

一旦、巣箱の中に引っ込んだので、中の様子を確認すると、
また顔を出しました。

ムサ・クルミ160502

前足の鍵爪と前歯がしっかり見ます。
けっこう鋭そう・・・。
抱き付かれたり齧られたししたら、痛そうですね。

ところで今朝の信濃毎日新聞「現場トライ」というコーナーで、
「空飛ぶムササビウォッチング」が記事になりました。
地方紙ですが、ご覧頂ければ幸いです。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード