カエルを食べるものたち(2)

トンボ池(仮)に産卵に集まるヤマアカガエル。
それを食べるために、イノシシやハシボソガラス、フクロウまでもがやって来る事は、
3月27日の記事で紹介しました。

その後、方向を変えて設置し直したセンサーカメラですが、
狙い通り、カエルを狙って集まる中型哺乳類が撮影できました。
特に3月30日~31日にかけての夜はにぎやかだったようで・・・
その日に撮影された写真をご紹介しましょう。

テン090330
冬毛が美しいテン(30日21:53)

イタチに近い仲間で、ネコ位の大きさがある「テン」という動物です。
冬毛は黄色く、美しいので、昔は毛皮が利用されていました。
でも夏毛はちょっとキモいです・・・。
いつか紹介できるかもしれません。

ネコ090330
時々見かける顔見知り(?)のネコ(30日23:12)

水の中を覗き込んでいる後姿が写ったコマもありました。
カエルも食べるんですね。
この写真では、カメラの音に気付いたのか、真っ直ぐこちらを見ています。
フラッシュで両目が「ギラリ」と光っています。

タヌキ090331
実はよく来ていたらしいタヌキ(31日02:18)

カメラの向きを変えたら、イノシシ並みによく写るようになりました。
実はよくカエルをさがしに来ていたようですね。
2頭で写っていたコマもありましたよ。夫婦でしょうかね?

トンボ池のヤマアカガエルと様々ないきものが、
かかわり合いを持って生きている事が判ってきました。

大塚
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード