今日の花とか実とか

今朝の軽井沢は冷え込みました。
幸い霜は降りませんでしたが、そろそろ花の季節は終わりを迎えます。
そんな軽井沢野鳥の森を、また開花植物を記録しながら巡回しましたよ。

本日、開花が確認された植物は以下の通りです。

草の花:アキノキリンソウ、ヤマトリカブト、チヂミザサ、ダイコンソウ、トネアザミ、アカツメクサ、メマツヨイグサ、ハナタデ、ナギナタコウジュ、アメリカセンダングサ、セキヤノアキチョウジ、ユウガギク、コウゾリナ、シラネセンキュウ、ヒメジョオン、ヤクシソウ、キバナアキギリ、ヨモギ、ハキダメギク、ウスゲタマブキ、ツリフネソウ、シロヨメナ、シラネアザミ、ミヤマタニソバ、シラヤマギク、ノコンギク、コシオガマ、ゴマナ、オミナエシ、ヒヨドリバナ、ヤマウド、キツネノボタン、サラシナショウマ、ノブキ、ハンゴンソウ、キオン、フシグロセンノウ、オトコエシ、ミゾソバ、セイタカトウヒレン、ナンテンハギ(見つけた順)

木の花:なし

木の花はもう終わり。
草の花は種類数こそ多いですが、
わずかに咲き残っていると言った感じの花が増えてきました。
今回、新たに咲いていたのは、アキノキリンソウ、ヤクシソウ、シラネアザミ、セイタカトウヒレン、ウスゲタマブキ、アメリカセンダングサといったキク科の植物と、コシオガマ、ヤマトリカブトです。
どれも秋本番になってから咲き始める花々です。

そして早くも紅葉が始まりました。
ツタウルシが所々で色付き始め、美しい葉を落としています。

ツタウルシ落葉170930
ツタウルシ

ツタウルシはとてもかぶれやすい植物で、私もよく夏に草刈りをしていてかぶれます。
落ち葉でかぶれた事はありませんが、念のため、触らないようにしてくださいね。

果物の良い香りがしたら、足元を捜してみましょう。
こんな緑色の丸い果実がゴロゴロしているかもしれません。

アオナシ落果170930

これはアオナシの実です。
緑色の実が落ちてきて、しばらくすると良い香りがするようになります。

恐らく、夜間に地面を歩き回って嗅覚で食べ物を捜し、果物を食べる哺乳類。
タヌキとかテンとかクマとか、
そんな動物が食べて種子を散布するのだと予想しているのですが、
実際に食べている姿を見たことはありません。

そもそも食べるとえぐみがあって、美味しくありませんし、
たくさんの実が、食べられる事無く朽ち果てていきます。
いったい本当の種子散布者は誰なのでしょうか?

有毒で有名な(?)マムシグサの実も、色付いてきました。

マムシグサ170930
マムシグサ

熟した実は鳥によって種子散布されるので、
恐らく熟すとともに毒が無くなるのだと思います。
でも味見をして確かめた事はありませんし、その予定もありません。

みなさんも無理はしませんように・・・。

大塚
スポンサーサイト
プロフィール

ピッキオ

Author:ピッキオ
軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、野鳥の森の季節の自然情報や、日々のネイチャーウォッチングなどで出会った生き物についてご紹介します。
©ピッキオ 禁無断転載

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード